こくほ随想とは

弊社より毎月1回、全国の国保連合会に向け、季刊誌等にフリーで使用できる記事としてご提供しています。国民健康保険をご専門となさっている先生に1年間、全12回、国保の現状や先生のお考えを執筆していただいております。

<プロフィール>

江口 隆裕
筑波大学大学院ビジネス科学研究科教授

 1977年厚生省入省。1979年から1年間フランス疾病保険全国金庫に派遣。その後、厚生省保険局国民健康保険課課長補佐、年金局年金課課長補佐などを経て、1987年〜90年、石川県総務部地方課長等、1991年〜93年北海道大学法学部助教授。1993年から厚生省保険局企画官、厚生省高齢者介護対策本部事務局次長、厚生省大臣官房政策課調査室長、厚生省老人保健福祉局老人福祉振興課長、厚生省生活衛生局水道環境部計画課長、環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課長を歴任し、2002年から現職。日本社会保障法学会理事を務める。

【最近の主な著書】

  • 『社会保障の基本原理を考える』(1996年、有斐閣)
  • 『高齢者介護と家族−民法と社会保障法の接点−』
  • (共編著)(1997年、信山社)
  • 『先進諸国の社会保障(6) フランス』
  • (共著)(1999年、東京大学出版会)
  • 『講座社会保障法(1) 21世紀の社会保障法』
  • (共著)(2001年、法律文化社)
Page Top▲