こくほ随想とは

弊社より毎月1回、全国の国保連合会に向け、季刊誌等にフリーで使用できる記事としてご提供しています。国民健康保険をご専門となさっている先生に1年間、全12回、国保の現状や先生のお考えを執筆していただいております。

<プロフィール>

山崎泰彦

山崎 泰彦
YASUHIKO YAMASAKI
神奈川県立保健福祉大学
名誉教授

昭和20年広島県生まれ、昭和43年横浜市立大学卒。特殊法人社会保障研究所(現国立社会保障・人口問題研究所)研究員、上智大学講師・助教授・教授、神奈川県立保健福祉大学教授を歴任、平成23年3月定年退官し現在に至る。
専門:社会保障の制度と政策

【主な公職】
社会保障審議会委員(人口部会委員、年金部会委員、第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会長代理)、中国残留邦人への支援に関する有識者会議委員、高齢者医療制度に関する検討会委員、日本年金機構設立委員、第3号被保険者不整合記録問題に関する調査会議委員などを歴任。

現在の主な公職として、共済組合連盟会長、社会保障審議会年金数理部会長・介護保険部会長、原爆症認定制度の在り方に関する検討会委員、財政制度等審議会臨時委員、横浜市国民健康保険運営協議会会長・介護保険運営協議会会長、日本医療機能評価機構評議員、日本年金学会代表幹事など。

【主な著書】

  • 『年金改革論』(共著)東京大学出版会
  • 『年金・医療・福祉政策論』(共著)社会保険新報社
  • 『社会保障の財源政策』(共著)東京大学出版会
  • 『介護保険システムのマネジメント』(共著)医学書院
  • 『介護保険制度・ゴールドプラン21』(編著)東京法令出版
  • 『社会福祉』(編著)メヂカルフレンド社
  • 『医療制度改革と保険者機能』(編著)東洋経済新報社
  • 『患者・国民のための医療改革』(編著)社会保険研究所
  • 『社会保障』(編著)中央法規出版
Page Top▲