被扶養者年金一元化法の解説

被扶養者年金一元化法の解説

■B5判/466頁
■編集協力 地方公務員共済年金制度研究会
■平成28年2月発行

コード 97020
本体 3,600円+税・送料別

  • お申し込みはこちら
【本書の特徴】
平成27年10月より実施された被用者年金制度の一元化は、共済年金、厚生年金にとって近年にない大きな改正です。これにより年金相談などではワンストップサービスが求められます。
 本書は、平成27年9月30日付で公布・発出された政省令を盛り込んだ改訂新版です。年金の実務の現場で役立てていただけるよう被用者年金一元化法や退職等年金給付(年金払い退職給付)について条文ごとにわかりやすく解説しています。 また、巻末には関係条文も付けております。追加条文等は必要最小限にまとめています。
 地方自治体人事・総務ご担当者、共済事務ご担当者の被用者年金一元化法等の必携図書として、ぜひご活用ください。
目次
第1章 共済年金(長期給付)の歴史
第2章 一元化前の共済年金の概要
第3章 被用者年金一元化による主な改正点
第4章 被用者年金一元化に伴う経過措置
第5章 退職等年金給付(年金払い退職給付)のしくみ
付録   関係条文等
←前のページへ戻る Page Top▲