新国保保険料 収納課長奮戦記

新国保保険料 収納課長奮戦記

「難しい」と言われる国保制度を、収納業務を通して分かりやすく紹介!
国保の基本とは、社会保障とは、人間とは、そして収納業務とは何なのか…
国保担当者、国保に携わっていない人、全ての方々に読みごたえのある内容!!

■増補版
■小金丸 良(元鎌倉市保険年金課長)著
■A5判/252頁1色

コード 13012
本体 1,600円+税

  • お申し込みはこちら

本書を平成九年十月に出版して以来、早いもので六年以上が過ぎた。
思いがけないほど反響が大きく、その間に北は北海道から南は宮崎県まで、全国三十九もの都道府県から、講演の依頼を受けた。
そして講演の回数は、六年間で実に七十四回にも及んだのだから、国保保険料の滞納問題がいかに全国自治体の国保運営の悩みとなっているかを、あらためて痛感させられた。
 このたび、本書の増補版を出したいというお話しがあった。それならまた収納率向上のための参考にしていただく機会にもなると考え、いくつかの章を新たに書き下ろした。それが「“幸福の与件”―海外医療保険事情」以下の七章である。
 そういう立場から、国保を直接担当した八年間を振り返えりながら、前記の新たな章を書いてみた。
 全国の国保担当の方々のご健闘を切に祈りたい気持である。

増補版のあとがきより

←前のページへ戻る Page Top▲