難病患者等ホームヘルパー養成研修テキスト

難病法施行後の
難病患者等ホームヘルパー養成研修テキスト

「難病患者等ホームヘルパー養成研修事業」の各課程別のカリキュラムの内容に沿っており、難病患者のホームヘルパーを目指す方や、養成研修担当者に、必携の1冊です。

● 難病患者の医療等に関する法律(難病法)の施行を受け、「難病ホームヘルパー養成研修テキスト」を全面的に見直し、わかりやすく解説。
● ヘルパーとして持つべき視点、対象が増えた指定難病と知っておくべき医学知識、患者と家族の心の動きとその援助などについて整理。
● 患者・家族から期待される吸引行為について安全に実施するための研修等について掲載。
● 「難病患者等ホームヘルパー養成研修事業」の各課程別のカリキュラムに沿った内容。
● イラストや図を交えて、難病患者のホームヘルプに必要な知識や技術をくわしく解説。

■A4判/144頁カラー
■2016年4月発行
■編著 小森哲夫(独立行政法人国立病院機構 箱根病院 神経筋・難病医療センター)
      原口道子(公益財団法人 東京都医学総合研究所)

コード 11016
本体 1,800円+税・送料別

  • お申し込みはこちら
主な掲載項目
■第1章 難病入門
■第2章 難病の基礎知識T 難病のホームヘルプとは
■第3章 難病の基礎知識U
■第4章 難病患者の心理及び家族の理解
■第5章 難病患者の心理的援助法
■第6章 難病患者の介護の実際
■ 資料
←前のページへ戻る Page Top▲